寿樹計算 2021年 年頭のご挨拶

2021年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

2020年は新型コロナウイルスにより、皆さまの日常生活及び、企業の事業活動も大きな変化を余儀なくされた年となりました。
そんなの中、日頃からご愛顧頂いておりますお客様、また従業員の努力で無事に事業継続できたこと、心から感謝・御礼申し上げます。

様々な自粛や措置等で生活様式が大きく変化した中、社会全体におけるデジタル化の重要性が一層明確になった年でもあります。
寿樹計算では、データ入力・構築を柱として事業を行って参りましたが、昨年より「データ活用事業部」を新設し、データドリブンによるお客様の事業活動推進に寄り添える体制づくりを今後も継続して参ります。

まだまだ、先行きの不透明感、不確実性を直ぐには拭うことはできないと思いますが、寿樹計算が掲げる
 ビジョン:
  「幸せな未来を創造するための架け橋になる」
 バリュー(価値観):

  「“チームワーク”を尊重し、 情熱をもって“チャレンジ”し、
                  誇りをもって“アグレッシブ”に 行動しよう」
を変わらぬ信念として大切にし、常にお客さまに高い価値を提供する存在であり続けるため、努力し進み続けて参ります。

本年も変わらぬご指導・ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
2021年が皆さまにとって、健康で充実した一年となることを祈りつつ、新年の挨拶とさせて頂きます。

代表取締役社長 水信 武